スポンサーサイト
--.--.--.-- Posted in スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
あけちゃいましたね
Fri.01.01.2010 Posted in 元旦
決まり文句ですがまずは、
あけましておめでとうございます。
今年も宜しくお願い致します。



新年早々ちょっと重い話ですので注意です。
(書き終わってみてちょっとどころじゃありませんでした。
 正月気分を台無しにしかねないので苦手な人はスルーお願いします)














既に去年の記憶も大分思い出せなくなってしまっていましたが
多分、去年で合っていると思う事を考えてみたいと思います。
結局振り返る暇は無かったです。気づいたら忘れちゃっててーみたいな。

で、振り返ろうと思ったことが2007年だったんですよね。
日記読み返して探してあれ?あれれ?っと
私の記憶はどうやら過去は過去の一括りみたいです。
私の忘却はそこまで進んでたのかって、少し笑ってしまう。



思い返したいことは猫さんのことなんですよね。
齢は17。猫にしては随分と長生きでした。
ずっと傍にいて当たり前でずっと一緒にいたいと思っていました。
私にとっての初めて目の前で大切な命を失った瞬間でした。
昔の私を知ってるなら多分、その子の名前を卒業文集にまで書くぐらい好きだったのを覚えているのかもです。
あの子はここまでよく頑張ったんだ。
私の比じゃないぐらい辛かったろうに、それでも傍にいてくれた。
当時暫くはかなりショックを受けていましたが
夢で会えるならそれで良いと割り切れるぐらいにはなりました。


ここが私の転機だったのだと思います。
何せ、失恋の比じゃなかったのですから。
私は今までどれだけ軽い愛してるなんて言葉を吐いたのだろう?
家族同然だったので恋愛感情こそもつわけもなかったのですが
私にはあの子の存在はあまりにも重く
人に恋愛感情を持つことが無くなってしまいました。
人肌が恋しくなる時もありますが、明確な相手もいません
恋心を感じそうになると何処か自分で"所詮は軽い気持ちなんだろ?"なんてブレーキがかかります。
"どうせ、君が好きなんてその時だけさ。"なんてね。

愛は時間をかけて支え合っていく絆。
それをいきなり時間もかけずに求めてる前提がおかしいんです。私は。
あえて断言します。即席で空いた穴を誰かで埋めたいだけなんです。
それをいきなり比較しても仕方が無いことと知っているから私は望まないんだ。

簡単に言えば逃げてる。怖いだけ。
良い人であればあるほど、私は余計に尻込みしてしまう。
私なんかではいけない。
将来性も無ければあと何年生きていられるかもわからない。
口にすると怖くて言えなかったけども薬の副作用だってでてる。
人との関わりが、凄く怖くなってしまう。
良くなるどころか、悪化していくこのカラダを見て私は。


生き恥を晒しつつ生きることを選んだんです。
私は弱い。知ってる。
同情して欲しいんだろう。知ってる。
否定されたくないんだろう、その選択を。わかってる。
身分や立場なんか関係無い。そう言いつつ劣等感で苦しんでる。
人の数倍頑張らないと認めて貰えないと思っている。
そして、誰かが鳥篭から出してくれるなんて甘いことを願っている。

色んな人に支えてもらっておきながら私はこんなこと考えてるんだよ。
必死に頑張れば自分の足で立てなくても許してもらえるなんてね。
言葉にしてみるとなんて甘いことか。

世の中にはどうしようもないこともあるんだって
わかってるよ、どうやっても死んだあの子は戻らないし
もう、そんなことで苦しめる願いはするつもりもない。
わかってるけど、認めたくないんだ。
回復どころか悪化していくこのカラダも
だからと言って人生逃げ出す真似も。
もう一度、自分の足で立つって希望も諦めたくはないんです。

・・・だから、もっと自分の言葉にも、気持ちにも、命にも責任を持って。
今年は生きていきたいと思います。

もし、私が今の気持ちを忘れてしまっても思い出せるように。
責任をもてるように。
この日の日記に書かせて頂きました。
重い話でごめんなさい、でもこれが等身大の私です。
来年の今日、この話が笑い話にできればいいな。

スポンサーサイト

« そういえば | Home | だれとくのー »

comments

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。